« 意外な楽しみ | トップページ | 未曾有の地震 »

2005/03/19

高校生への手紙

文化祭の企画ということで、母校の高校から依頼を受けていた「高校生への手紙」をようやく書き上げた。

「わたしの仕事」、「高校生時代の思い出」、「今の高校生への助言」の3つのパートに分けて書くように、というものである。過去を振り返ると、「齢五十にして功無きを愧ず」といった感が強く、恥ずかしくもあるが、とにかく一生懸命書いた。

母校からは毎年中学生の社会科見学を受け入れており、昨年で3回目となった。今年もあるかもしれない。短い時間だが、こどもたちに工場を見てもらい、会社の仕組みや商品の流通などについて講義をするのを楽しみにしている。

母校からの依頼については、基本的に承諾と決めている。もっとも、大学の同窓会からは寄付金のお願いばかりで先般は20万円の請求があり、ちょっとびっくりしたが、云われるままに支払った。お世話になった母校にせめてものご恩返しである。

|

« 意外な楽しみ | トップページ | 未曾有の地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/3353214

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生への手紙:

« 意外な楽しみ | トップページ | 未曾有の地震 »