« 筆まめ | トップページ | 人を愛すること »

2005/03/27

ボディ・パーカッション

ボディ・パーカッション(BP)の祝賀会があった。

BPは、友人で小学校教諭の山田先生が約20年前に考案した。
手や体をたたき、足踏みするなどして、音楽を演奏するもので、
体がすべて楽器となる。

その定番となっている「花火」という曲が全国版の音楽教科書に
掲載されたのである。これはたいへんな栄誉だ。
200人以上の関係者が集まって、お祝いを述べ、子供たちの
演奏を楽しんだ。

BPは3年前にNPO法人の認証を受け、十数名の理事がいる。
久しぶりに理事が全員集まったので終了後に報告会が開かれ、
わたしも参加した。

BPは地方発の音楽文化であり、地場の貴重な文化財である。
ビジネスと同様、地方から中央への進出はかなり難しいものが
あるが、BPが全国のこどもたちに普及し、音楽教育に新風を
吹き込むよう頑張ってほしい。

|

« 筆まめ | トップページ | 人を愛すること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/3470927

この記事へのトラックバック一覧です: ボディ・パーカッション:

« 筆まめ | トップページ | 人を愛すること »