« 初夏のハーブ | トップページ | 朝の掃除 »

2005/06/01

盛和塾塾長例会

盛和塾の塾長例会があったので、福岡のシーホークホテルに行きました。

盛和塾は、京セラの稲盛和夫名誉会長が主宰される経営者の勉強会。全国各地に支部があり、3700名の会員を擁しています。多忙な塾長が福岡にお見えになるのは2年ぶりですが、今回は県民フォーラムの共催ということもあって、一般の方々も含め2200名の来場者が塾長の講話に一心に耳を傾けました。

塾長は、「人は何のために生きるのか」というテーマで熱弁をふるわれ、
 ①人には定められた運命があるが、人生には「因果応報の法則」があり、運命を好転させることができる
 ②人生の目的は、心を高め、魂を磨くことにあり、そのために「六波羅蜜」の修行をしなければならない
と説かれています。

塾長のお話は、まるで仏教の法話を聞いているようですが、わたしは仏教に深い関心を持っているので、いつもながら興味津々で話に聞き入りました。塾長の座右の銘が「敬天愛人」で、当社の社是と同じなのも不思議なご縁を感じます。

わたしたち経営者にとって「心を高める」ということは、りっぱな事業経営を行うことによって、働く人たちを幸福にするとともに、社会の進歩発展に貢献することを意味します。これからも稲盛塾長の教えに従って、会社の業績向上に努めていきたいと思っています。

(後記)
今日から、文体を「敬体」に改めることにしました。前に勤めていた合繊メーカーの部長さん(当時)から、「お客さまに見ていただくつもりなら、ていねいな言葉づかいのほうがいい」とのご指摘をいただいたからです。単純に「ブログ=日記」と思い、そこまで考えが及びませんでした。

直属の上司ではなかったのですが、部長さんからは在職中にずいぶん叱られました。(怒られたのではありませんよ) わたしがかなりトロかったからだと思います。久しぶりに昔のことをいろいろと思い出し、懐かしくなりました。

|

« 初夏のハーブ | トップページ | 朝の掃除 »

コメント

はじめまして。ペンネームにて失礼いたします。

”盛和塾”で検索をかけてやってまいりました。

私は現在、天神地区に勤める銀行員です。

私も、盛和塾に参加させていただきました。本当に仏教の法話を聞いているような感じでしたね。もっと熱いものを期待してはいたのですが、素晴らしいお話を聞かせていただいたと喜んでおります。

せっかく学んだことを学びっぱなしで終わらせないように、ブログにて学んだことを更新しております。

社長様はベビー用品のメーカー様なんですね。うちにも現在可愛い盛りの2歳の男の子がおり、妻と共に子育てに奮闘中です。

突然お邪魔して失礼いたしました。

投稿: バンカー | 2005/06/05 14:55

あか様

コメントありがとうございました。

塾生のお立場からの一言。”なるほど”とため息が出ました。

私が本当に見るべきだったのは、例会での一生懸命な塾長様だったのですね。でも、入塾もしていない私にそんな資格はないのですが。

確かに、冊子、講演ともに内容にはとてつもなく奥深いものを感じていました。あの稲盛氏がそれだけ推敲を重ねられたのなら当然ですね。

私のあさはかな発言で、稲盛氏、塾生の皆様に不快な思いをさせてしまったことはお詫びいたします。誠に申し訳ございませんでした。

次は『熱い塾長』に会いたいです!!!

そして、今後も盛和塾のますますのご発展をお祈りしております。

投稿: バンカー | 2005/06/06 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/4386690

この記事へのトラックバック一覧です: 盛和塾塾長例会:

« 初夏のハーブ | トップページ | 朝の掃除 »