« ロハスなラーメン | トップページ | 6Sを徹底する »

2005/08/30

少子化対策

衆院解散、総選挙を控えて、世の中が騒然としてきました。今回の総選挙の最大の争点は、何と言っても郵政民営化ですが、予想以上に各党がアピールしているのが、「育児支援、少子化対策」です。

23日に厚生労働省から人口動態統計が発表され、今年上半期の出生数は昨年対比で約4%、2万3000人も減ったことが明らかになりました。これに先立ち、12日に公開された「国民生活白書」では少子化について詳しい分析がなされています。

白書によると、少子化の主な原因は、①子育てや教育にお金がかかりすぎる、②高齢で産むのはいや、③育児が心理的、肉体的に負担などとなっていて、とくに①の経済的な問題が大きなウェイトを占めています。これを受けてか各党とも経済的な支援を対策の大きな柱にしていますが、いずれも急場しのぎという印象は否めません。

わたしは少子化対策で最も効果がありそうなのは、「出産後も継続して働ける仕組み作り」だと思います。日本では、働く女性の6割が出産前に退職するといわれていて、それに伴い生涯賃金の8割が失われるという試算が出ています。わずかな児童手当を支給するよりも、企業サイドの継続雇用への努力が先決ではないでしょうか?

当社も女性の比率が高く、デザインや縫製など高い技量を要する職種が多いこともあって、出産後も引き続き会社で働いてもらうよう努めてきました。そのなかで痛感するのが、子育てに関する費用の高さや保育所の受け入れ態勢の不備です。先日出席した育児支援研究会のセミナーの講演や討論でも同じような意見が多数出されていました。

地元の久留米市も子育て支援には力を入れているようなので、よりいっそうの支援の充実に期待しています。子育て支援や少子化対策は難しい問題ですが、行政、企業、支援機関(病院、NPOなど)が、個々の役割分担を明確にして、しっかりと責任を果たすとともに、互いに協力して解決にあたっていかなければならないと思います。

|

« ロハスなラーメン | トップページ | 6Sを徹底する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/5698979

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策:

« ロハスなラーメン | トップページ | 6Sを徹底する »