« 改善提案 | トップページ | ロハスなラーメン »

2005/08/26

香港からお客さま

香港からお客さまが来社されました。当社の販売先は日本全国の百貨店と専門店が主ですが、わずかながら輸出もあるんです。

今日のお客さまは、うら若き女性のショップオーナーで、有能なキャリアウーマン。高級ショッピング・ゾーンとして知られるセントラル(中環)地区にお店を構えておられます。数年前、たまたま東京の百貨店で当社の商品をご覧になったのがきっかけで、ご縁ができました。

香港は20年くらい前に一度行ったきりですが、東洋と西洋が入り混じった独特の雰囲気がとても気に入りました。(その後の中国への返還で、今はかなり雰囲気が変わったのかもしれませんが)
あの時に、以前勤めていた会社の香港事務所にお邪魔して、Sさんに夕食をごちそうしてもらったのも懐かしい思い出です。

当時、香港には、三越、伊勢丹、大丸、松坂屋、そごうなど、日系の百貨店がたくさんありましたが、次々と撤退。つい先頃三越の閉店が発表され、とうとうゼロという事態になってしまいました。中国の統合に伴うデフレにより高額品の販売が難しくなり、いっぽうで高騰する地価の負担が大きくなったためといわれています。

ベビーの仕事をやっていて、よく言われるのは「中国で商品を売ってみては?」ということ。わたしも大いに期待をしています。人口が膨大で、お金持ちも多いようなので、高級品でも結構売れそうですね。

この点については香港のオーナーさんも、中国の市場を調査していますが、現時点ではまだ難しいという判断。中国では、こどもの衣類にあまりお金を使わないようです。(教育にはお金をかけるみたいですけど) 

とはいっても、時代とともにマーケットも変化します。いつ大きなビジネスチャンスが巡ってくるかもわかりません。その日が来るまで、経営をしっかりと安定させて、会社が続いていくよう頑張っていきたいと思っています。

|

« 改善提案 | トップページ | ロハスなラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/5645755

この記事へのトラックバック一覧です: 香港からお客さま:

« 改善提案 | トップページ | ロハスなラーメン »