« チャペルへの思い | トップページ | アール・デコ展 »

2005/08/04

ISO定期審査

今日と明日は、ISO9001の定期審査です。

ISO9001というのは、品質管理システムの国際規格。スイスのジュネーブに本部を置く「国際標準化機構(注)」によって、「製品の高品質の保証」と「お客さまの満足実現」という2つの点で優秀と認定された組織に与えられるものです。
当社は2001年に、ベビー服、ベビー寝具の業界で初めて、このISO9001を取得しました。

審査は必ず社長のインタビューから始まります。審査は今度で8回目ですが、いつもながら緊張しますね~。今日も、会社を取り巻く経営環境や、お客さまのニーズの変化、経営システムの大きな変更など、かなり突っ込んだ質問の連続で冷や汗が出ました。次は管理責任者ですが、例によって立ち往生。周囲のギャラリーも、ハラハラドキドキです。

購買、販売、製造と審査は続き、事務所や工場などの現場にも足を運びます。今回の審査員さんには、現場をじっくりと見ていただいたので本当に良かったです。やはり現場でISOの仕組みがうまく機能しているかをチェックしてもらわなくては。書類審査だけで、現場を全く見ない審査員さんが来られたこともあるんですよ。

いい審査員さんに当たると、審査の途中でいろんな「気づき」に出会います。今回もたくさん気づかせてもらいましたが、とくに印象に残ったのは、継続的に仕組みを改善していくなかで、できあがった新しいシステムというのは将来に残せる「財産」であるということ。こうした無形の資産が会社の価値を高めていくんですね。

今日のところは無事終了しましたが、引き続き明日も、全員で気合を入れて頑張っていきましょう。

(注)International Organization for Standardizationの略称で、本来ならIOSですね。

|

« チャペルへの思い | トップページ | アール・デコ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/5310514

この記事へのトラックバック一覧です: ISO定期審査:

« チャペルへの思い | トップページ | アール・デコ展 »