« 午羊会 | トップページ | 何のために生きるのか »

2006/01/24

学校が楽しい

娘の友だちが5人来て「お泊り」でした。
わたしも加わり食事をした後、徹夜でおしゃべりした様子。朝早くお風呂に入って、居間で雑魚寝していました。合宿のノリですね。にぎやかで、みんなとても楽しそうです。

「学校行くのが楽しい」、娘がいつも言ってます。
そういえば上の娘もそう言ってたな。
最初はその言葉に耳を疑いましたね。
わたしなんか全然楽しくなかったですもん。
とくに高校時代。男子校で、部活は禁止、生徒会も不活発で、ひたすら受験勉強に明け暮れていました。(今は共学で、部活も生徒会も頑張っているようです)

娘二人の学校は、福岡にある中高一貫校。
学校での生活は、勉強だけでなく、礼拝もあり、クラブ、生徒会活動も盛んです。放課後や休日は、友だちと食事、映画、カラオケ。家に遊びに行くこともしばしばで、うちにもよく泊まりに来ますよ。なかには茶わんを置いてる子もいます。青春を謳歌できて実にうらやましいですね。

娘の学校は教育理念もしっかりしています。紹介文に、

「自分は何のためにこの世に生を受けているのか。人生の目的・意義は何か」という問いに明確に答えることのできる者とならなければ、生きる力はわいてこない。本校ではキリスト教に基づいた人間観・世界観・人生観の確立をめざしている。

とありました。

会社も学校も、拠って立つ理念がとても大事。
しっかりとした理念と自由な校風が楽しい学生生活を支えているのでしょう。学業だけでなく、しつけや考え方まで教育してもらって、本当に感謝しています。
将来、子どもたちには、「人間性を高め、身につけた生きる力で世の中のお役に立てる」ような大人になってほしいと願っています。そのうえで毎日の「生活を楽しむ」ことができたら言うことなしです。

|

« 午羊会 | トップページ | 何のために生きるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/8320749

この記事へのトラックバック一覧です: 学校が楽しい:

« 午羊会 | トップページ | 何のために生きるのか »