« JC2007年春夏展 | トップページ | アフィリエイトの手数料 »

2006/04/23

ワーク・ライフ・バランス

日経朝刊の土曜版で、仕事(ワーク)と私生活(ライフ)のバランスを測定するチェックシートを見つけました。あてはまる項目に○をつけるというものです。

1.携帯電話の番号を取引先に教えている
2.だらだらと残業してしまう
3.早く家に帰ると居心地が悪いときがある
4.同僚や上司、取引先から飲み会の誘いを断ったことがない
5.「忙しい」と他人に自慢するクセがある
6.熱中できる趣味や余暇の過ごし方はない
7.「無駄にした」と感じる休日が多い
8.週末に家族や恋人と過ごしていても仕事が気になる
9.時計や携帯電話を持っていないと落ち着かない
10.最近家族と共通の話題が減った

さっそくチェックすると、ぴったりあてはまるのはひとつもありません。○の数がゼロの人は「A=気楽な自由人タイプ」とあり、「私生活を重視しすぎて、職場で浮いた存在になる可能性も。仕事面にも力を注ぐ必要がある」と解説されていました。

そんなはずは? と慌ててもう一度見直すと、「7番」と「8番」がややあてはまります。○の数が2個になると評価は一変。私生活と仕事のバランスが上手にとれている「B=人生の達人タイプ」に「格上げ」されて、とりあえず一安心です。

○が4~7個が、「C=平均的な現代人タイプ」なんだそうで、8~10個になると、仕事漬けで私生活にゆとりのない「D=人生貧乏タイプ」と判定されてしまいます。たしかに、ぜんぶあてはまる人は仕事に振り回されてるって感じがして、なんとなくカッコ悪そう。とくに5番は嫌ですね。

チェックリストの結果はさておき、わたし個人としては、仕事、家庭、健康、お金、交友、趣味・教養といった人生の要素のなかで、仕事をいちばん重要視しています。とはいっても仕事と私生活のバランスも大切。こうした形で定期的にチェックする価値はありそうですね。読者の皆さんの「ワーク・ライフ・バランス」はいかがでしたか?


|

« JC2007年春夏展 | トップページ | アフィリエイトの手数料 »

コメント

こんにちは。初めまして。久留米市両立支援の受賞おめでとうございます。家の近所に、そんな素敵な会社があるなんて・・驚きでした。私も子供には赤ちゃんの城製品を使っていました。その子たちも小学生。赤ちゃんの時代は終わったようです。今思えば子育て大変でした。(今も別の意味で大変ではありますが・・)でも、子供は幸せをとても感じさせてくれました。
子供はとても大事、でも仕事も私にとっては大事。比較のしようはないのに、どちらかを選択させられる時でしたね。今もしぶとく仕事を続けてますが・・・。
そんな時に理解のある「社長の一言」心強いですよね。
どちらも大切にできる社会になるといいな・・・

投稿: 田代 | 2006/04/27 14:24

田代さん、コメントをいただきありがとうございます。
また、赤ちゃんの城の製品にご愛顧をたまわり
厚く御礼申し上げます。

当社には、子育てをしながら働いている社員さんが
たくさんおられますが、彼女たちを見ていると、
子育てと仕事の両立は本当に難しいと感じます。
企業だけの努力では限界があり、もう少し公的支援を
強化してほしいですね。
田代さんもたいへんとは思いますが、がんばって
お仕事を続けてください。

わたしの子どもも高校生、大学生になりましたが、
相変わらず子育てを楽しんでいます。
子どもを産み、育てることが楽しいと思えるような
社会にするために、わたしたち専門メーカーに
何ができるかを考え続けています。


投稿: あかしろ城主 | 2006/04/27 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/9715272

この記事へのトラックバック一覧です: ワーク・ライフ・バランス:

« JC2007年春夏展 | トップページ | アフィリエイトの手数料 »