« 出生率1.25 | トップページ | ロハスのつまずき »

2006/06/10

忙中、食あり

東京に4日間出張。この間に、いろんなものを食べました。

丸の内オアゾの「スープストック」。このお店は三菱商事の社内ベンチャーが経営していて、創業までのいきさつは「スープで、いきます」に詳しいです。4人で「オマール海老とわたり蟹のスープ」「緑の野菜と岩塩のスープ」「東京ボルシチ」「そら豆、えだ豆、いんげんのグリーンポタージュ・冷製」を注文。ちょっと高いけど、なかなか美味でしたよ。

10年ぶりに都内の老舗の蕎麦屋へ。せいろを2人で2枚ずつに、かきあげ(1個)、穴子天(2個)、生ビールを1杯飲んだだけで勘定は5000円を超えました。都内のアパレルの社長さんが「蕎麦屋って高いよね」って言ってたけどホントですね。そばは少ししなびていて今ひとつ。それでもお客さんが多いのはやはりブランド力でしょうか?

吉祥寺へ。有名な「いせや」で、煙もくもくの焼き鳥を食べようかと思ったけどスーツに臭いがつきそうなので断念。東急の近く、表通りから2回曲がった細い路地にある「ガロパン」というお店でフレンチ。シェフのおすすめはリーズナブルで美味しかったです。前菜、スープ、サラダ、選べるメインにコーヒーとデザートがついて3800円。

大手町、お取引先がある高層ビル地下の食堂で昼食。見たところ社員食堂のようで、とても値段が安いですね。社員証の提示を求められるかなと思ったけどセーフ。うまく潜り込めました。ざるそば2杯といなりずしを前金で払うと500円ちょっと。味も結構美味しくて、先日の蕎麦屋はいったい何?と言いたくなりました。

帝国ホテルでお取引先の立食パーティ。片っ端から料理をぱくつきます。海の幸のオードブル、ハモの梅肉和え、季節の天ぷら、子羊のステーキ、さらに知人を誘って寿司の列にも並ぶありさま。立食でお腹いっぱいになるのは、まわりに知人が少ないからなんですよ。九州だったら、あいさつと情報交換に忙しくて食事は二の次です。

飯田橋の「尾張屋」というお店で、きしめん。先日名古屋に行ったときに、きしめんのつゆが薄口のお店が多くてがっかり。新幹線名古屋駅は濃口で少し安心しましたけど。きしめんのつゆはやっぱり濃口ですよね。

以上、順不同で主なものを紹介しました。もちろん食べるのが目的ではなく、滞在中に百貨店12店、商業施設など9箇所を精力的に歩き回りました。たくさん歩くと、お腹もすくんです。


|

« 出生率1.25 | トップページ | ロハスのつまずき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/10479619

この記事へのトラックバック一覧です: 忙中、食あり:

« 出生率1.25 | トップページ | ロハスのつまずき »