« 忙中、食あり | トップページ | スープで、いきます »

2006/06/14

ロハスのつまずき

そう言われてみると、最近あまり見かけなくなりましたね。「ロハス」ということば。今朝の朝日新聞に、「ロハス、遅すぎた自由化」「商標登録裏目に、企業敬遠」という見出しの記事が出ていました。

昨夏、初めてこのことばにふれて以来、斬新かつ奥深い思想にひかれて、ブログでも何回か取り上げたことがあります。店頭で数多くのロハス・フェアが開かれ、新しいライフスタイルとして社会に定着しようとしていました。

そうした動きに冷水をかけたのが、商標権問題。なんと、ロハスという名前が某総合商社などによって、あらゆる分野で商標登録されていたんですね。家電メーカーのシャープが、広告コピーの中でロハスということばを使ったところ、商標権侵害ということで警告を受ける破目に。

これによって企業各社はすっかり恐れをなし、ロハスということばが急速に店頭やマスコミから消えていったようですね。当社でもロハスをテーマに商品企画を進めていましたが、急きょトーンダウン。わたしも昨冬を最後にブログに書くのをやめました。企業同士の紛争なんていうのは、ロハスの理念に最もそぐわないんじゃないでしょうか?

なんでも独り占めしてしまうと、結局自分の分け前も少なくなってしまうんですね。商標権でガードしなくても、ロハスを日本に広めた企業家として永く名を残すことができたのに。

これと好対照なのが、明太子の「ふくや」。ふくやの創業者で、業界規模を大きくしたいと考えた川原俊夫氏は、製法を惜しむことなく広めました。その結果、明太子は博多の名産として大きな発展を遂げています。

初耳でしたけど、朝日新聞によると、商標権の保有会社は、この5月に、他社がロハスの名前を使っても抗議しないと決めたそうです。でも、なんとなくシラけてしまった感じ。せっかくブームになりつつあったのに、ものすごく短命に終わりそうな予感がします。

|

« 忙中、食あり | トップページ | スープで、いきます »

コメント

最近「Lester Young」の曲にはまっている 私です。

『ロハス』ソトコトという雑誌が 昔から呼びかけている
ことですが、どこかの新聞に
『ロハス』ということばは
もともと 日本人が培ってきた生き方のようなもの
戦後物余りの時代を産み出すまでは
物を大事に 循環型の生活が当たり前だったのです。
『ロハス』などとカタカナで言えば
気にする人もいると思いますが・・・
元来 日本の心のことを言っているものを
外国から入ってきたのように 流行るのはおかしい。。
ましてや 勝手に特許を取って
難癖付けるのは 人道的ではありませんね。
『ロハス』にかわることばを
作っちゃいましょう!!

投稿: kasaru_2005 | 2006/06/22 09:10

kasaruさんがおっしゃるように、
ロハスということばは
日本人の生き方そのものなんですね。

そのロハスに代わることばがなかなか見つかりません。
「スローライフ」が近いと思うのですが、
いまひとつ精神的、哲学的な深みに欠けます。

日本のことばで適切なものがあるといいですね。
仏教語に何かありませんか?

投稿: あかしろ城主 | 2006/06/22 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/10518256

この記事へのトラックバック一覧です: ロハスのつまずき:

« 忙中、食あり | トップページ | スープで、いきます »