« もうすぐ展示会 | トップページ | 男乗り、女乗り »

2006/07/15

終わりは新たな始まり

今週の月曜から開催していた「07年春夏物展示会」が無事終了しました。社員のみなさん本当にお疲れさま。また、ご多忙のところ全国各地よりご来場いただいたお取引先の方々に心から御礼を申し上げます。

今日は朝から社内の片付けをやったあとで、展示会の集約会議を行いました。商品目録を見ながら、一品一品お客さまの評価をヒアリングして、生産の予定数量を決めていきます。お店への納品が始まるのは11月半ばですが、早急に生地や副資材(レースや刺しゅうなど)の必要量を計算して発注しないと納期に間に合いません。

原材料の発注とあわせて生産の割り振りも行います。最近ではベビー服でも低価格のものはほとんどが中国製になっていますが、百貨店売り場での海外製品の比率は2~3割程度。なかでも当社は全ての製品を国内で生産しており、決定した数量を自社工場と国内各地の協力工場に振り分けていきます。

お取引先によって展示会でチェックされた商品が違い、デザインにも地域差があるので、全体の調整はかなりたいへんな作業。朝から議論を重ねて、ようやく夕方にはメドをつけることができ、とりあえず一安心しました。週明けには企画室で生産指示書の作成がスタートし、できたものから生地の発注にとりかかることになります。

企画室では同時にパターン(型紙)の修正を進めていきます。サンプルを縫ってくれた縫製担当者の意見書を参考にしながら、見本パターンに本生産用の手直しを加えていくというもの。いっぽうで、展示会が終わったばかりというのに、次回(07年秋冬物)の企画方針会議も早々に開かれるという慌しさです。

明日とあさっては久しぶりの連休。展示会の疲れをゆっくりと癒してもらって、来週から始まる「07年春夏物の生産」と「07年秋冬物の企画」のサイクルに新たな気持ちで取り組んでほしいと思っています。

|

« もうすぐ展示会 | トップページ | 男乗り、女乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐ展示会 | トップページ | 男乗り、女乗り »