« 少子化対策を語る | トップページ | セミ捕りの思い出 »

2006/07/27

ISOの更新審査

やれやれ、ようやく無事に終わりました、ISO9001の更新審査。2001年の取得以来、5年ぶりの更新審査は3日間に及ぶ大掛かりなもので、展示会に続く一大イベントでした。ISO推進委員のみなさん、お疲れさま。

とくにたいへんだったのが、管理責任者のキムラ室長だと思います。システム全体の運営に責任を負うだけでなく、「方針の具体化のために、社長さんと何を約束しましたか?」といった具合に、わたしの発言一つ一つにフォローを求められるのですから本当に気の毒。できることなら代わってあげたいと何度思ったことでしょうか。

わたしも冒頭の社長インタビューに始まり、3日間ずっと審査に立ち会いました。やはり品質や業績に悪影響を及ぼしそうな問題点が出てくると冷や汗が出てきますね。審査員さんとの対話の中から経営のヒントがいくつも得られたので、品質目標を変更するなど、現行の「継続的改善システム」を手直ししていきたいと思っています。

審査の結果、幸い、「改善指摘事項・カテゴリーB」が1件指摘されただけにとどまりました。もし、カテゴリーAが出ると審査は中断、後日再審査ということになるのですが、こちらはゼロ。今回の指摘事項について、是正処置を審査機関に提出すれば登録更新の推薦がなされるというわけで、とりあえずひと安心といったところです。

このほかに、「改善の機会」といって、システムの改善をしたほうがいい点について多数の指摘がありました。いずれも品質のさらなる向上やプロセス目標の達成、業績の改善のために役立つ指摘なので、今週中に反省会を開いて、ひとつひとつ仕組みの見直しを行っていく予定です。

さて、今日はみんな早く家に帰ってほっと一息ついていることでしょう。キムラ室長は、半年ごとの定期審査が終わるたびに熱を出してたけど、今回の長丁場は大丈夫だったかな? 8月には、人一倍大好きな「筑後川花火大会」もあることだし、ビールと花火とリゲインで審査の疲れをゆっくりと癒してほしいと願っています。

|

« 少子化対策を語る | トップページ | セミ捕りの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/11320690

この記事へのトラックバック一覧です: ISOの更新審査:

« 少子化対策を語る | トップページ | セミ捕りの思い出 »