« 電話の応対 | トップページ | 郊外の異業種バトル »

2006/09/01

顧客の創造

毎月1日は朝礼で「講話」をします。今回のテーマは「顧客の創造」。経営学の神様・ドラッカーは、企業の目的は顧客の創造であり、そのためにはマーケティングとイノベーションに力を入れなければならないと言っています。

一般にマーケティングは販売促進、イノベーションは技術革新と理解されていますが、ここではちょっと意味が違うんですね。マーケティングは、「こんな商品があれば」というお客さまの「要望(ニーズ)」にこたえて商品を作ること。イノベーションは「開発のネタ(シーズ)」から商品を創り出し、「こんな商品がありますよ」と新しい満足をお客さまに提案することです。

当社の社是は「創造すること」となっていて、「商品企画・デザイン」と「商品開発」の2つの柱がありますが、どちらの仕事もイノベーションをより重視すべきと思っています。とくに企画・デザインについては、お客さまの要望にこたえて作ることはまれで、デザイナーの発想から新しい企画が生まれることが多いですね。

イノベーションのネタのひとつに、紡績などの素材メーカーや生地の産地からの情報があげられます。当社はこれまでにたくさんの新素材を紹介してきましたが、これには糸、織物、編物、デザイン、パターン(型紙)、裁断・縫製、品質管理(ISO)といった製品全般に関する知識の蓄積が生かされています。

全国に300軒ある産婦人科のお取引先の意見やアイデアも貴重な情報源。今後も開発ソースとして期待しています。こうした開発のシーズにお客さまのニーズを加えながら自社工場で試作を重ね、商品化に結びつけているのです。

わたしたちはこれからも、赤ちゃんの生活を豊かにする商品の企画・開発を通じて顧客の創造に努め、社会の繁栄と幸福に貢献していきたいと考えています。

|

« 電話の応対 | トップページ | 郊外の異業種バトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/11715932

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客の創造:

» 産婦人科 [サイト 産婦人科]
産婦人科に関する情報サイト [続きを読む]

受信: 2006/09/25 11:44

» つゆだく大臣? 高市早苗 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
高市 早苗(たかいち さなえ)は、1961年生まれ。 神戸大学経営学部経営学科卒業。 松下政経塾の5期生。 このたび、安部晋三内閣で内閣府特命担当大臣として初入閣。 沖縄及び北方対策、科学技術政策、イノベーション、少子化・男女共同参画、食品安全を担�... [続きを読む]

受信: 2006/09/28 14:18

« 電話の応対 | トップページ | 郊外の異業種バトル »