« 禅寺のセレモニー | トップページ | 兄ちゃん会いにきたよ »

2006/10/27

世界史騒動に思う

世界史の授業を教えていない高校が全国に続出して問題になっているようですね。

朝日新聞は、「ルールを無視」した高校を非難するとともに、天声人語でも「若いうちから世界史を学ぶのは大切」と訴えています。これに対して日経新聞は、文部科学省の学習指導要領と受験対策に追われる学校現場とのズレを強調していますね。

今回の事態は、「だいじな歴史の授業をないがしろにするのはけしからん」と言って済まされるものではなく、背景にある「授業時間の削減によるしわ寄せ」や、「世界史の選択が受験に不利になる」といった現状にも目を向けるべきと思います。

世界史が必須科目となっていて、自国の歴史よりも外国の歴史のほうが優先されているのも不思議。問題が発覚した高校はルール違反の責めは免れませんが、これを機会に今の指導要領を見なおしてはいかがでしょうか?

年号や人名を丸暗記させるのではなく、歴史の大きな流れを把握させ自分なりの歴史観を持たせる教育、歴史への興味を促し、歴史小説を読んだり、史跡を訪問したり、歴史を学ぶ意欲を育むような教育が望まれます。

たとえば、こういう教材を使用してみては?

|

« 禅寺のセレモニー | トップページ | 兄ちゃん会いにきたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/12441433

この記事へのトラックバック一覧です: 世界史騒動に思う:

« 禅寺のセレモニー | トップページ | 兄ちゃん会いにきたよ »