« メタボリックこわい | トップページ | 新ライター、デビュー »

2006/12/04

出生率を伸ばす県

「働く女が出生率を上げる」

こんなタイトルの記事が、日経ビジネスの今週号に出ていま
した。昨年、全国の都道府県で唯一、出生率を上昇させた
福井県についてのケース・スタディです。

福井県の育児関連データの全国順位(2005年)をみると、

合計特殊出生率        2位
共働き率             1位
世帯総収入           1位
3世代同居率          2位
1世帯あたり延べ床面積    2位
未婚率の低さ          3位
完全失業率の低さ        1位

となっていて、同誌は、「福井県では、広い家に住む大家族
に支えられて、夫と共働きしている女性が出産や育児に当
たっている」と分析しています。

また、それとともに、「出産を機に会社を辞めることなく、職場
に復帰する女性が多い」のも福井県の特徴とか。

こうした事情については、8月にNHKの番組「いよっ日本一!」
でも放映されていましたね。ご覧になった方も多いと思います。

がんもどきやカツレツの購入費が日本一というデータをもとに、
働くお母さんと同居のおばあちゃんとの連携プレーをおもしろ
おかしく紹介していました。

他にも、ボランティアの結婚相談員、子育てマイスターなどの
ユニークなしくみがあるんですね。こうした官民あげての努力が
出生率アップに結びついているというわけです。

福井県にとって目下最大の関心事は、今年の出生率。これま
でに出生率が2年連続で上昇した県はないそうです。でも、今
年は全国的に出生数が増えていることだし、2年連続上昇の
栄誉はすでに手中にあるのではないでしょうか?

(2007.4.18追記)
地元・福井新聞の報道によると、福井県のユニークな少子化対策
を取り上げた記事が、ロイター通信から世界に配信され、ワシントン
ポストを含む海外メディアで紹介されたようです。

(2007.12.4追記)
文部省が行った「全国学力・学習状況調査」の結果、福井県が
小6・中3合わせた正答率で全国トップとなったそうです。雑誌
「選択」12月号は、共働き率の高さからくる「子育てのしやすさ」
が主な要因ではないかと分析しています。


|

« メタボリックこわい | トップページ | 新ライター、デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/12920411

この記事へのトラックバック一覧です: 出生率を伸ばす県:

» 健康と美容と育児の知恵をご紹介します。 [健康と美容と育児の知恵]
健康と美容と育児の知恵をご紹介します。 秘伝・コツ・カンどころを満載します。楽しく読んで生活のお役に立てばうれしいです。 毎日の生活にお役に立ちますように・・・・ [続きを読む]

受信: 2006/12/04 09:09

» 結婚相談所体験者の体験談!! [結婚相談所の体験談]
結婚情報サービス(オーネット、ツヴァイ、ノッツェ)の体験談・入会しての感想を紹介します。結婚相談所について迷っていたり興味のある方は立ち寄ってみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2006/12/09 14:30

« メタボリックこわい | トップページ | 新ライター、デビュー »