« ISO審査に思う | トップページ | 理想の出産準備品売り場 »

2007/02/16

駅前型SCがトレンドに

Facilities_img021
昨年秋、JR川崎駅前にオープンした
ショッピングセンター「ラゾーナ川崎」。
駅の西口を降りると、大都市の駅前とは
思えない広大な空間が広がっていました。


核店舗となるのはビックカメラやロフト。赤ちゃん本舗に加え、
子供服の店が7店もあるのはファミリーの来店を当て込んで
いるのでしょう。確かにベビーカーのお客さんも多いですね。

1階の食品ゾーンは高級感があっておしゃれ。野菜や魚介の
生鮮売り場と本屋(丸善)が向かい合わせというのも新鮮です。
広場を見わたせる「リストランテ ルビー」という店で娘と夕食。

街のど真ん中に、なんでこんな大きな土地(72000㎡)が
あったかというと、もともと東芝の工場だったんですね。
工場の海外移転で、今後もこうしたケースが続出しそう。

駅から0分で、2000台もの駐車場を持つ、郊外SC型の
大都市商業施設。アクセスも良く、集客力がありそうなので
これからこのタイプのSCが増えるのではないでしょうか?

|

« ISO審査に思う | トップページ | 理想の出産準備品売り場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/13955855

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前型SCがトレンドに:

« ISO審査に思う | トップページ | 理想の出産準備品売り場 »