« 人よく金を制す | トップページ | 女子学生の意識変化 »

2007/03/06

出産の次は小学校入学

日経夕刊・生活欄の「カイシャと子育て」というコーナー。
子育てをしながら働く女性の現状と抱えている問題点が
レポートされています。

昨日のタイトルは「新入学 喜びと不安」というもので、
働く女性にとって、子どもの小学校入学が出産に次ぐ
大きな関門となっているのがよくわかります。

「学童保育の時間が短く、子どもの帰宅時間が早まる
ため勤務を続けられない」「定員が少ないので、子どもを
預けられない」といったケースが紹介されていました。
わが家も学童保育のお世話になったので共感しますね。

対策としては、行政サイドからの「学童保育の充実」と
企業サイドからの「柔軟な働き方へのシフト」の二つ。

後者は、具体的には、短時間勤務、フレックスタイム制、
始業・終業時間の変更、残業の免除などの施策。当社も
こうした制度で何とか学童の問題をクリアしています。

ただ、企業側の対応だけでは限界があり、学童保育の
充実は必要不可欠。地域住民(お年寄り)の力を借りる
などの「柔軟な」運営方法も検討すべきと思います。

|

« 人よく金を制す | トップページ | 女子学生の意識変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/14158973

この記事へのトラックバック一覧です: 出産の次は小学校入学:

« 人よく金を制す | トップページ | 女子学生の意識変化 »