« どう見ても? | トップページ | 11年目のスタート »

2007/04/13

モノレールの疑問

Img_desk_011東京出張のとき必ず乗る
東京モノレール。
京浜急行との競争のためか
数年前から快速運転を
始めています。

とはいっても、快速が、その前を走る各停を
追い越すことはありませんでした。
追い越し設備がないんだから当然ですね。

ところが、先日列車に乗ろうとすると
空港快速といって空港までノンストップ、
おまけに前の列車より先に着くというでは
ありませんか。これはいったい?

「反対側の車線を通って追い越すのでは?」
と考え、その瞬間を見ようと一番前の席をゲット。

ところが、昭和島駅に近づくと、何のことはない、
待避線ができていたんですね。
どうやらこの3月にできたばかりみたいです。

見ると、本線と待避線の間がぷっつり切れて
かなり広い空間ができています。
数メートルくらいでしょうか。
ここで新たな好奇心が湧いてきました。

この待避線を本線につなぐところを見てみたい。
あの重いコンクリのレールを動かすなんて。
そういえば、終点の浜松町でも見れるかも。
次回の出張でしっかりチェックしてきます。

|

« どう見ても? | トップページ | 11年目のスタート »

コメント

モノレール、いつのまにか快速なんか出来たんですね。確か、JRグループになったのですよね。そのせいで、サービスが向上していますね。

投稿: 自由なランナー | 2007/04/15 23:23

自由なランナーさんがおっしゃるとおり、
JR傘下に入ってからは、快速運転はもちろん、
京浜東北快速の浜松町停車、JR乗換え口の設置、
スイカの導入など、矢継ぎ早にサービス改善を
打ち出してきました。

やっぱり民間のパワーはすごいですね。

投稿: あかしろ城主 | 2007/04/16 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/14649121

この記事へのトラックバック一覧です: モノレールの疑問:

« どう見ても? | トップページ | 11年目のスタート »