« 日本の社会を読む | トップページ | 黄金の金魚の話 »

2007/05/11

新システムに期待

今週から新しいシステムが動き始めました。

Jan_off1目玉はハンディスキャナーの導入で、
商品を出荷するときに、バーコードを
ピピッとやると検品が行われ、
売上伝票が出てきます。

とはいっても、こうした仕組みは目新しいものではなく、
食品業界には20年も前からあって店頭の商品管理に
力を発揮してきました。

それに比べると、繊維製品の流通システムは遅れて
いますね。百貨店や量販店においては、メーカーと
小売店を一元管理できる共通コード(JANコード)すら
普及していないありさまです。

これに対して、ユニクロやしまむらといった新進の小売
業は、工場と売り場の在庫を一元管理する仕組みを
作りあげ、日々進化させてきています。

百貨店や量販店の苦戦は、こうした仕組みの不在も
一因。お客さまに上質の商品を、より安く、適時に供給
するために「生産と小売を一貫管理するシステム」
SCM)の開発が急がれます。

業界で初めて、JANコードに完全対応した当社の新
システムも、今のところ効果を十分に発揮できないのは
残念ですが、将来に向けた先行投資が実を結ぶ日が
きっと来ると思っています。

|

« 日本の社会を読む | トップページ | 黄金の金魚の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/15033550

この記事へのトラックバック一覧です: 新システムに期待:

« 日本の社会を読む | トップページ | 黄金の金魚の話 »