« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/27

会社を熱くする経営

31ewwdyplpl_aa240_11兆円企業・大和ハウスの会長さん
(前社長)の実体験本「熱湯経営」。
経営の参考になるのでは、と思って
読んだところとても面白く、学ぶ点が
たくさんありました。

石橋オーナーから経営を託された樋口さんは、全国の
現場を訪問し、徹底した社員との対話を実施。率先垂
範の姿勢に社員のやる気も高まり、奇跡のV字回復を
成し遂げます。

会社を良くしたいという思いで懸命に働く樋口さんの姿
が気持ちを「熱く」させてくれました。また、オーナーの
志を受け継ぎ、公正、無私、使命感といった「リーダー
の品性」を大切にしてこられたことにも共感を覚えます。

余談ながら、わが家も大和ハウスなんですが、築15
年の今も不具合がなく、アフターケアも万全。この本を
読んで、その背景がよくわかりました。

おっと、あまり宣伝すると、昔勤めていた会社の皆さん
に叱られるかも。住宅メーカーの大手でもありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/22

スケジュール帳を3冊

うっかり見過ごしていました。当ブログの投稿数が、9月
15日付で300回を超えていたんです。

スタートしてから30ヶ月になるので、3日に1回のペース。
本当によく続いていますね。まさに暇人ならではの所業と
我ながら感心しています。

ところで、開設以来お世話になっているのが、このテンプ
レート
mizukaさんという女性イラストレーターの作品です。

070922_135005_mそのmizukaさんのスケジュール帳が
発売されたと聞いて、さっそく注文。
(発売元は、新宿のFEWMANY


表紙に趣向をこらした手帳の中で、かわいいイラストが
盛りだくさんの「mizukaワールド」が展開しています。

巻末には、東京と大阪近郊の鉄道路線図と主要都市の
地下鉄路線図がついているので、鉄ちゃんにもおすすめ。
スーツの内ポケットから、こんなかわいい手帳を出したら
ウケるかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/19

盛和塾第15回全国大会

070918_125220_m_2京都・宝ヶ池の国際会議場で、恒例の
盛和塾全国大会。全国各地から、塾生
総数のおよそ4割にあたる1836人が
参加しました。

こんなにたくさんの人がいるというのに、偶然にも大学の
ゼミの友人Y君が斜め前に座っていて、声をかけてくれま
した。30年ぶりの再会です。

大会の行事は、選抜された9名の塾生が壇上に立ち、自
らの経営体験を発表した後、稲盛和夫塾長からのコメント
をいただくのがメインとなっています。

会社を私物化する会長に退任を迫り、経営を立て直した
女性経営者、幼い頃に離別した父親に懇請されて事業
を承継し、売上を8倍に伸ばした38歳の経営者。

さらに中国からは、34歳で国営企業の社長となり、社員
1000人の規模に育てた経営者が登壇するなど、どの発
表も感動的で、示唆に富んだものでした。

全ての社長さんに共通するのは、社員の幸福を最優先に
考え、社会に貢献したいと願ってきたこと。この思いに働く
人たちが共感して、会社が発展してきたのだと思います。

経営における「利他の心」の大切さをあらためて感じさせ
られた体験発表でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

浄土真宗の本山へ

京都駅前のホテルを出たものの、百貨店の開店時刻・
10時までにかなり間があるので、浄土真宗大谷派の
総本山・東本願寺に行くことにしました。

駅から5分の距離なのに、訪問するのは今回が初めて。
門をくぐると、目の前にそびえ立つ阿弥陀堂の巨大さに
びっくりしました。

ところが、その横にある御影堂(ごえいどう)は、さらに
大きな建物のようですね。残念ながら修復工事のため
その威容を見ることはできませんでしたが、「世界最大
の木造建築」とうたってありました。

070918_095128_m塀に書かれていた標語が良かったの
で写真を撮りました。浄土真宗の教
義は奥が深く、いくら本を読んでも
よくわからないのですが、これなら
何となく理解できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

がんばるパタンナー

婦人・紳士、ベビー子供を問わず、アパレルに欠かせない
職種に「パタンナー」があります。

パタンナーは、デザイナーの描いたデザイン画をもとに衣服
の型紙(パターン)をつくる人のこと。平面の画を立体にして
いくため、かなりの技術力と感性が必要とされています。

51mfpx4wf5l_aa240_1今日のNHK教育テレビ「あしたをつかめ
という番組で子供服メーカーのパタンナー
が取材されるというので、これは必見。

仙台の子供服メーカーというのは初耳でし
たが、急成長している会社のようですね。

今回の主役は24才の新人女性パタンナー。「子どもの頃、
大好きだった一枚の服が幸せを運んでくれた」という想いが、
この世界に飛び込むきっかけを作ってくれました。

型紙の数が36枚もあるというスキー用ジャケットに初挑戦。
悪戦苦闘しながらもサンプルを完成し、無事ファッションショ
ーを終えることで、大きな自信が得られたみたいです。

「ブランド力を左右する」といわれるパタンナーの仕事。当社
にも精鋭のパタンナーがそろっていますが、愛情あふれる、
かわいい服作りにますます力を発揮してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/12

京風の記念グッズ

事務所の机の上に、百貨店の包装紙の小包が。
いったい何だろう?

070912_083546_m赤い和紙のラッピングに「かんしゃ」の
封かん紙。開けてみると、縁起物の
宝づくしの絵柄をあしらったかわいい
京扇子と、若者に人気の伊藤若冲
手ぬぐいが入っていました。

JR京都伊勢丹さん、開店10周年の記念品をお送りいた
だいたというわけです。そうか、もう10年になるのか~。
早いもんだ。

5年前、5周年のときには、記念イベントがあってお店に
伺った記憶があります。能率手帳の日付を見ると9月12
日。同業メーカーのW社長さん、K社長さん、N会長さん
に会ったとメモしてありました。

京都伊勢丹さんは開店以来順調に業績を伸ばしておら
れます。今月7日には出産準備売り場も改装されたばか
り。来週京都に行くので、お店を訪問する予定にしてい
ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

百貨店の舞台裏

Gaia_top_logo1今日のTV番組・「ガイアの夜明け」の
テーマは、「百貨店 再編のゆくえ」。
百貨店の社員さんはもちろん、わたし
たち百貨店の取引先関係者にとっても
見逃せない番組でした。(以下敬称略)

百貨店業界では、今、急速な業界再編成が進んでいま
す。大丸、松坂屋の経営統合に続いて、つい最近、伊
勢丹、三越の統合が発表され、世間を驚かせたばかり。

番組では、大丸、松坂屋、高島屋のミドル層にスポット
を当て、経営統合の舞台裏や競合店との差別化対策に
ついて取材がなされていました。

大阪、名古屋、東京など、当社の売り場があるお店
たくさん出てきただけでなく、お店でお会いしたことのあ
る方も出演されていましたね。

これから業界内の競合も激しくなるでしょうが、差別化の
決め手は、商品力、接客サービス力、店舗の魅力の3つ。
わたしたちも、百貨店にふさわしい、お客さまに喜んでい
ただける商品作りに一層励んでいきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

海外でボランティア

といっても、わたしではなく娘の話。何を思ったのか、
「夏休みに海外でボランティアをしたい」などと言いだし、
オーストラリアのパースに行く計画を立てました。

Asmap1パースはオーストラリアの西海岸沿い
にあるのですが、以前読んだ本には、
「世界で最も孤絶した大都市で、隣の
大都市(約2000キロ東に位置する
アデレード)までの距離が最も遠い」
と書いてありました。

何でわざわざ、そんなへんぴな場所に? しかもパースま
では一人旅で、現地で世界各国の学生たちと合流する
予定らしい。結局、参加者はたったの3人しかいなかった
そうですけど。

昼は植物のタネを植えたり、有害な草を抜いたりの環境
ボランティアで、夜は小屋での共同生活。寒暖の差が激
しく、かなり厳しい自然環境だったようです。

ともあれ、1週間余の活動を終えて、今日の正午過ぎに
無事帰国。正直のところ、親としてかなり心配しましたが、
いい経験になったと思います。やれやれ、これで枕を高く
して眠れるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/05

出生増加率日本一

070905_210300_m10年くらい前から、毎月、福岡県の出
生数
のデータをとり続けています。

厚生労働省も最近は全国の出生数の
速報値
を発表するようになっていますが、
それまでは半年遅れの発表でした。
このため、全国と似た動きをする福岡県
のデータを早めに入手して経営に活用
してきたというわけです。

ところが、今年の前半は、県の出生数が前年より3%も
増えて、全国平均(0.5%減)と大きく違っているんで
すね。不思議に思っていたところ、昨日の西日本新聞・
夕刊
に、県の出生数の大幅増加が報じられていました。

しかも増加率は日本一とか。県の人口は増えておらず、
原因は今ひとつよくわからないみたいですけど。

自動車産業の活況などで景気が良くなったこと、県への
若年層の流入が増えたことなどがあげられていますが、
県の子育て支援策の効果も大きいのではないでしょうか?

いずれにしても、出生の増加が日本一というのは誇らし
いこと。いろんな面で、福岡県の「住みやすさ」が改善
されつつあるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/01

ブルーオーシャン戦略

21a96rs3fnl_aa115_1あまり耳慣れないことばですが、アメ
リカの経営理論のひとつ。2年くらい
前に日本にも紹介されたもので、最近
九州の百貨店経営者の間で話題にな
っていると聞いて、朝礼で取り上げる
ことにしました。

この本によると、既存の市場は全て「赤い海(レッドオー
シャン)」。そこでは競争相手を打ち負かす激しい戦いが
繰り広げられています。

いっぽう「青い海(ブルーオーシャン)」は、まだ存在しな
い新しい市場。新市場を見つけ出し、需要を創造すれば
競争とは無縁になるというわけです。

企業は過当競争にうつつを抜かすのではなく、その会社
独自の商品やサービスを創造して、人類社会の発展に
貢献するのが本来あるべき姿なのでしょう。

当社も経営理念に「創造による社会貢献」を掲げていま
すが、企画・デザイン力、自社工場での国内生産、400
軒の産婦人科とのネットワークといった特長を活かして、
新しい市場を創り出すよう努めていかねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »