« くるるんとくるるんるん | トップページ | 国内生産で生き残る »

2007/10/23

動く電車の博物館

071023_142754広島に来たら、路面電車に乗るのが
楽しみ。全国各地で活躍していた古
豪から、最新鋭のグリーンムーバー
マックス
までいろんな種類の車両が
走る「動く電車の博物館」だからです。

たまたま乗りあわせたこの車両(3002ACB)、車内
に「昭和51年、西鉄福岡市内線より広電へ移籍」の
銘板が貼ってありました。福岡の市電が廃止された後、
広島電鉄に引き取られて30年にもなるんですね。

当時は日本中で廃止が相次いだ路面電車でしたが、
ここへきて省エネやバリアフリーの観点から見直され
ているようです。福岡市内線も残すべきだったのかも。

広島の路面電車は国内で最大規模を誇るだけでなく、
長年黒字経営を続ける模範生。市民の足として、いつ
までも元気に走り続けてほしいと願っています。

|

« くるるんとくるるんるん | トップページ | 国内生産で生き残る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/16854756

この記事へのトラックバック一覧です: 動く電車の博物館:

« くるるんとくるるんるん | トップページ | 国内生産で生き残る »