« 国内生産で生き残る | トップページ | あたりまえのことを »

2007/10/28

幕末の技術大国

佐賀北高校の優勝と、がばいばあちゃんで、全国に
名をはせた佐賀県ですが、幕末の頃に、東洋随一の
科学技術大国だったことはあまり知られていません。

その立役者となったのが佐賀の鍋島直正公。江戸時
代末期に西洋の科学技術の導入に努め、鉄砲、アー
ムストロング砲
、蒸気機関、蒸気船などを完成させた
名君です。

211最近、鍋島公に関する本を何冊か
読んだのでご紹介しましょう。
幕末佐賀藩 改革ことはじめ」は
地元新聞社の出版によるもの。
財政難だった「佐賀藩株式会社」
に鍋島社長が就任、大改革を行っ
て東洋一のハイテク企業に育てあ
げた過程がよくわかります。

319tp5p037l_aa115_1アームストロング砲」は司馬遼太
郎の著作、「幕末、佐賀ほどモダ
ンな藩はない」という書き出しで始
まります。同じ作者で「肥前の妖怪
(直正のこと)」の短編もあり、こち
らは「酔って候」に収録。

21w5bqxqxpl_aa115_1いちばん面白かったのが「火城(か
じょう)」で、日本赤十字社の創設
者・佐野常民が主人公。何としても
佐賀で蒸気船を作ろうと、久留米出
身の田中久重(からくり儀右衛門)
を必死の思いでスカウトします。
久重の技術者魂に火が点き、ついに蒸気船の開発
がスタートするのですが・・・。

こうした歴史の流れをビジュアルにつかむのには、
佐賀城本丸歴史館の展示を見るのがいちばん。
実はわたしも、8月に家族そろって見に行ったのが
直正公に興味を持ったきっかけでした。郷土の歴史
を学べるだけでなく、この地が誇らしくなってくること
請け合いです。

|

« 国内生産で生き残る | トップページ | あたりまえのことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89378/16901382

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末の技術大国:

« 国内生産で生き残る | トップページ | あたりまえのことを »