« 2007年11月 | トップページ

2007/12/27

また逢う日まで

3年近く書いてきたブログを、今日でひとまずお休みにし
ようと思います。長い間ご愛読をいただきまして、本当に
ありがとうございました。

ブログのおかげで、ウェブ2.0(にいてんぜろ)の世界を
身近に体験することができました。また、好奇心がより
旺盛になる、フットワークが軽くなる、ブログの話題で社
内外で盛り上がるなど、いいことがたくさんありました。

いっぽうで、かなり時間をとられる、投稿が滞ると何とな
く落ち着かない、といったデメリットがあったのも事実。
「旬の情報提供」というブログの特長や、会社の準公式
ブログという立場も考慮に入れ、題材選びにはずいぶん
気を遣いました。

これからも、もうひとつのブログ「赤ちゃんの城NOW」は
継続して、トレンディな話題を提供してほしいと思ってい
ます。わたしもゲストとして投稿させていただくかもしれ
ませんので、その節はよろしくお願いいたします。

071225_151153_mさて、会社のほうも、今日で仕事納め。
それでは、博多人形師の中村信喬さ
からいただいた、来年の干支・ねず
みのお人形をごらんいただきながら、
みなさん、よいお年をお迎えください!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/12/24

メリークリスマス

071214_082621_m2007年もあと1週間になりましたね。
写真は、当社の階段踊り場に飾られた
キューピーちゃんのサンタクロース。
かわいいでしょ?
製造部のHさんのお手製です。

さて、突然ですが、仕事が忙しくなってきたこともあり、
今月末をもってブログを「お休み」いたします。

当社の仕事納めの27日に、ご愛顧いただいたお礼の
ごあいさつをかねて、最後の投稿をさせていただきます
ので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/20

ブログどんな感じ?

Top_myboo1というタイトルの記事を日経産業新聞
で見つけました。きざしカンパニーとい
う会社が個人向けブログ解析の試験
サービスを始めたとか。

ブログのURLを入力すると、「どんな話題が多いか」「ど
んな気分で書かれているか」などの判定をしてくれるそう
です。さっそくわたしのブログで試してみると

感謝の気持ち がブログににじみ出てます。

話題に関しては 本 について多く書かれているみたいです。

と出ました。この解析は新たな記事が追加されるたびに
変わるそうですけどね。ブログをお持ちの方は、試して
みてはいかが? (ここをクリック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道モニター志願

JR久留米駅のS駅長さんが来社されました。半年くらい前、
JR九州本社の課長さんと面談したときに、モニターの話を
したので、「そのお願いかもしれないよ」と楽しみにしていた
のですが。

071220_104757_m物事がそう都合よく運ぶはずもなく、今回
のご訪問は法人向けのPRが目的。来年の
カレンダーと最新の時刻表をいただきました。
ここでまたもや、モニターの件にしつこく話を
持っていきます。

駅長さんのお話では、モニターの期間は1
年で、会合は年3回。久留米からは、これ
までに病院長や、自衛隊OB、マスコミ関係者などが選ばれたとか。

本社からは、「20代の女性」「40代の男性」など指定があり、
いろんな年齢層から選ぶようになっているそうです。昔やった
ことがある西鉄のモニター制度
とよく似ていますね。

駅長さんも選任の権限をお持ちのとのことなので、くれぐれも
よろしくお願いして、吉報を待つことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

禅仏教との関わり

偶然かもしれませんが、この1ヶ月の間に、禅仏教と関
わりの深い著名人の記事にいくつも出会いました。

野村証券の田淵節也さん。社長時代、鎌倉・円覚寺の
朝比奈宗源さんにお願いして、毎年夏休みに二泊三日
のお籠もりをしていたそうです。(日経・私の履歴書)

先日亡くなられた小児科医の内藤寿七郎さん。曹洞宗
の名僧・澤木興道に師事しておられましたが、アップリ
の葛西健造さんも澤木老師のファンだったため、意気
投合したとありました。(日経夕刊・人間発見)

東芝・西田厚聡社長の愛読書は、道元の「正法眼蔵」。
17、8年前から何度も読み返し、「論理の飛躍がおも
しろい」とおっしゃっています。(朝日・フロントランナー)

Imgdisp1
俳優の滝田栄さん。大河ドラマで徳
川家康を演じた際に、静岡の臨済寺
で修行されたそうです。禅との縁を
「本当に有難い」と感じながら、今も
坐禅会に参加しておられるとか。
禅文化206号


5人の方々は各々すばらしい業績を残されていますが、
信念や哲学があり、私心を持たない生き方に共通点を
感じました。その背景に禅仏教の「素養」があるのでは
ないかと、勝手に想像しているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

マタニティコンサート


クラシック音楽というのは胎教にいいそうですね。上質の音
楽を通じて、おなかの中にいる赤ちゃんとお母さんの絆を深
めてほしい。そんな願いをこめて、福岡の都久志会館でマタ
ニティ・クリスマスコンサートが行われました。

主催は、たまごクラブ、ひよこクラブでおなじみのベネッセさ
ん。当社もブースを出展して参加させていただくことになり
ました。

071216_140644_m会場に来られたマタニティカップルの数は
およそ200組、400人くらいでしょうか?
ステージの上には、たまちゃん、ひよちゃ
んの姿も見えますね。

オーケストラの演奏は、モーツァルト、バッハに続いて、
ンダーソン
の「シンコペーテッド・クロック」。この曲は独特
のリズムが心地よく、胎教の定番なんだそうです。続いて
わたしの大好きな「そりすべり」。この季節、街でよく耳に
しますね。同じくアンダーソンの名作です。

クラシックの演奏と童謡のコーラスの合い間に協賛各社の
PRタイム。大勢のお客さまを前に、当社のYくんが司会の
中村朋美アナウンサーとQ&Aトークを行いました。

見ているほうが手に汗をにぎるくらいハラハラしましたが、
上手に商品の説明ができてよかった。朝礼のスピーチ
成果が生かされましたね。今後のイベントでも、商品のP
RはYくんの担当ということで決まり!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

頭は枕のために

あるのではない、というタイトルで、日経産業新聞に連載
された、神鋼電機会長・佐伯弘文さんの「仕事人秘録」を
面白く読ませてもらいました。

頭を使い知恵を出すことで、赤字に窮していた神鋼電機
を優良会社に変身させた「会社再生」物語のひとつです。

それにしても、赤字会社というのは、どこも似たような「症
状」を示すものですね。汚いトイレと食堂、部品が散乱す
る工場、やる気のない従業員、ムダのはびこる職場等々。

佐伯社長の打った手は極めてオーソドックスです。まずは
トイレと食堂の掃除を徹底し、改善提案を募集しました。
提案は7年間で3万7000件も集まり、年間40億円もの
経費削減に成功。会社は一気に黒字に転じます。

21wxre23f1l_aa115_1このへんの詳しい事情については、
会社はムダの塊だっ」にまとめられて
います。どの会社にも応用できる実践
的なノウハウが100事例もあるので、
コスト削減に役立ちますよ。

次に事業の再編に着手。不振のフォークリフト事業を売
却するいっぽうで電磁クラッチブレーキ事業を強化し、M
&Aも行いました。「時代の変化に合わせて事業を変え
るのが経営者の仕事」と佐伯さんはおっしゃっています。

さらに、長年にわたる業績不振の真因が親会社(神戸製
鋼所)からの天下り人事にあることを見抜き、初の生え抜
き社長を誕生させるなど、本当に鮮やかな采配ぶりです。

佐伯さんの新著も近々刊行されるとか。経営学の生きた
教科書として、ぜひ読んでみたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/11

入場者はなぜ減った?

Logo_jfw112月5~7日に、東京ビッグサイトで
繊維の総合見本市・JFWJCが開催
されました。当社からも、デザイナー
2人に視察に行ってもらったのですが。

今日の繊研新聞によると、来場者数は13%も減ってお
り、なかでもアパレル関係者は28%も減ったそうです。

同紙は、その原因として、中国への生産シフトの加速に
加え、国内繊維製造業の開発力低下に伴って、出品内
容に新鮮味が乏しくなっている点をあげています。

最近、日本製商品に対するお客さまのニーズが高まって
いますが、「安心・安全」はもちろん、デザインや機能面の
新しさ、ユニークさがないと、本当の支持は得られません。

そのためには、糸に始まり、織り、編み、染め、デザイン、
型紙、縫いに至るトータルの創造性が求められるわけで
国内メーカーの開発力低下は頭の痛い問題です。

それにしても、上記の②に関して、「バイヤーの立場に
なれば、シーズンごとに変化がないと興味は薄れる」と
いう意見があったのにはドキリとさせられました。

当社にとっても事情は全く同じ。2月の展示会に向けて
企画が進んでいますが、新しいものをたくさん作り、お客
さまに変化をお見せできるよう頑張らないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

子供服の始まり

ファッションの歴史を扱った本は、本屋さんなどでよく
見かけるのですが、子供服の歴史は珍しいですね。

21jzdplvpvl_aa115_1最近出た「アリスの服が着たい
は、子供専用の服が本格的に現
れた1860年代後半から1900
年頃までのイギリスの子供服に
ついての研究本です。

著者によると、当時の子供服のスタイルとコンセプトに
大きな影響を与えたのが、児童文学作品や絵本の人
気登場人物。

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、ケイト・グ
リーナウェイの絵本の女の子、マザーグースの「ハバ
ードおばさん
」、バーネットの「小公子」などの服装を
題材にした「キャラクター商品」が大流行したそうです。

こうした商品は、「シンプルで健全」「元気でかわいい」
というコンセプトを打ち出し、「子供らしい服装」を社会
に発信する役割を果たしました。

同時に、各々が、「黄金の午後」「幸せな子供時代」
「おませなファッション」「ロマンチックで家族想い」と
いったテーマを掲げていたのは驚き。現在の子供服の
ビジネスモデルは100年以上も前に作られていたん
ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/12/06

ふるさとの応援団

わたしは、生まれも育ちも福岡県の久留米市なのですが、
本籍は大分県の杵築市。国東半島の南端にある、人口わ
ずか3万人のひなびた城下町です。

杵築市は何年か前に、非居住者で市に縁のある人を対象
に「杵築ん応援団」という組織を立ち上げました。年会費
1万円を払うと、年に数回、地元の産品が送られてきます。

その内容はというと、みそ、ちりめんじゃこ、紅茶、日本酒、
佃煮、ピーナッツ、かぼすなど種々雑多。郷里の母親が
下宿に送ってくれる「救援物資」を連想させます。

毎年同じものを送ってもしょうがないという意見が出たので
しょうか、今年からは会費を2000円に下げて、パンフのみ
を送付というしくみに変わりました。

071202_231027_mその中に入っていたのが、この名刺。
50枚ありました。面白い趣向ですけど、
これって、いつ使うんでしょうか?

そういえば、先日、福岡に単身赴任し
ていたY君に会ったら「九州各地をあち
こち旅行したけど、いちばん良かった
のは杵築でしたね」と言ってたな。

そんなときに、「そうか、うれしいなあ。実はね」と言って、
この名刺を出すと話が盛りあがるのかもしれませんね。
でも、そんな「好機」が、この先何回あるのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/02

大河ドラマのお目当て

しゃちょう~↑」

語尾を上げた口調でやってきたのは企画室のKさん。

リアル・クローズの3巻が出たらしいんですよ~。
企画室で買おうかって言ってますけど、もしかして社長と
カブる
といけないと思って~」

それって、わたしに買えってことですか?
今流行りのおねだり夫人みたいだな~。
「わかった、わかった。でもアマゾンは1500円以上買わ
ないと、送料かかるんだよね~」

近くでその会話を聞いていたうちの嫁さん、
「じゃあ、明日出るガクトの写真集、いっしょに注文して」
おいおい、光ちゃん(堂本光一)はどうなったんだい?

212bgm7d9til_aa115_1
そんなわけで到着したのが、「龍の化
身」
。帯紙に「長尾景虎(上杉謙信)へ
のオマージュ(仏:hommage:献辞)」
って書いてありますよ。


ガクトさんが上杉謙信役で風林火山に出るようになって
以来、夫婦仲良く番組を見ており、日曜の夜が楽しみに
なりました。ガクトさんの演技、わたしも大好きですよ。

難点は、ガクトさんが出ないときは嫁さんが見ないこと。
前回迄のあらすじを3分で語ってあげないといけません。
弊社の「し○○ん常務(本人の希望で伏せ字にしてい
ます)」は、この話を聞いて呆れかえっていました。

大河ドラマの見方もいろいろあるもんだ、と妙な感心を
しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

安さより安心

以前に、寝装品で日本製へのニーズが高まっていると
書きましたが、その波が広がりを見せています。

先月29日付の日経は、「中国製問題を受け、売れ行き
好調」、「高めでも国産が安心」という見出しで、生活用
品分野での日本製品の活況を報じていました。

高島屋、三越、西武、京王、東急ハンズといった百貨店
・専門店では、土鍋、フライパンなどの調理器具、はし、
漆器、タオルなどで国産品の売上が伸びているそうです。

Shop0011安心・安全が最優先のベビー用品も事
情は同じ。国産にこだわるお客さまに
支えられて当社の売上も順調です。

本社工場を核にした国内生産100%体制を堅持しつつ
ISO9001の品質管理システムを強化して、赤ちゃんの
ためのもの作りに磨きをかけていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ