2007/12/09

子供服の始まり

ファッションの歴史を扱った本は、本屋さんなどでよく
見かけるのですが、子供服の歴史は珍しいですね。

21jzdplvpvl_aa115_1最近出た「アリスの服が着たい
は、子供専用の服が本格的に現
れた1860年代後半から1900
年頃までのイギリスの子供服に
ついての研究本です。

著者によると、当時の子供服のスタイルとコンセプトに
大きな影響を与えたのが、児童文学作品や絵本の人
気登場人物。

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、ケイト・グ
リーナウェイの絵本の女の子、マザーグースの「ハバ
ードおばさん
」、バーネットの「小公子」などの服装を
題材にした「キャラクター商品」が大流行したそうです。

こうした商品は、「シンプルで健全」「元気でかわいい」
というコンセプトを打ち出し、「子供らしい服装」を社会
に発信する役割を果たしました。

同時に、各々が、「黄金の午後」「幸せな子供時代」
「おませなファッション」「ロマンチックで家族想い」と
いったテーマを掲げていたのは驚き。現在の子供服の
ビジネスモデルは100年以上も前に作られていたん
ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/12/06

ふるさとの応援団

わたしは、生まれも育ちも福岡県の久留米市なのですが、
本籍は大分県の杵築市。国東半島の南端にある、人口わ
ずか3万人のひなびた城下町です。

杵築市は何年か前に、非居住者で市に縁のある人を対象
に「杵築ん応援団」という組織を立ち上げました。年会費
1万円を払うと、年に数回、地元の産品が送られてきます。

その内容はというと、みそ、ちりめんじゃこ、紅茶、日本酒、
佃煮、ピーナッツ、かぼすなど種々雑多。郷里の母親が
下宿に送ってくれる「救援物資」を連想させます。

毎年同じものを送ってもしょうがないという意見が出たので
しょうか、今年からは会費を2000円に下げて、パンフのみ
を送付というしくみに変わりました。

071202_231027_mその中に入っていたのが、この名刺。
50枚ありました。面白い趣向ですけど、
これって、いつ使うんでしょうか?

そういえば、先日、福岡に単身赴任し
ていたY君に会ったら「九州各地をあち
こち旅行したけど、いちばん良かった
のは杵築でしたね」と言ってたな。

そんなときに、「そうか、うれしいなあ。実はね」と言って、
この名刺を出すと話が盛りあがるのかもしれませんね。
でも、そんな「好機」が、この先何回あるのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/02

大河ドラマのお目当て

しゃちょう~↑」

語尾を上げた口調でやってきたのは企画室のKさん。

リアル・クローズの3巻が出たらしいんですよ~。
企画室で買おうかって言ってますけど、もしかして社長と
カブる
といけないと思って~」

それって、わたしに買えってことですか?
今流行りのおねだり夫人みたいだな~。
「わかった、わかった。でもアマゾンは1500円以上買わ
ないと、送料かかるんだよね~」

近くでその会話を聞いていたうちの嫁さん、
「じゃあ、明日出るガクトの写真集、いっしょに注文して」
おいおい、光ちゃん(堂本光一)はどうなったんだい?

212bgm7d9til_aa115_1
そんなわけで到着したのが、「龍の化
身」
。帯紙に「長尾景虎(上杉謙信)へ
のオマージュ(仏:hommage:献辞)」
って書いてありますよ。


ガクトさんが上杉謙信役で風林火山に出るようになって
以来、夫婦仲良く番組を見ており、日曜の夜が楽しみに
なりました。ガクトさんの演技、わたしも大好きですよ。

難点は、ガクトさんが出ないときは嫁さんが見ないこと。
前回迄のあらすじを3分で語ってあげないといけません。
弊社の「し○○ん常務(本人の希望で伏せ字にしてい
ます)」は、この話を聞いて呆れかえっていました。

大河ドラマの見方もいろいろあるもんだ、と妙な感心を
しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

インドサリー展に行く

071125_174011_m_2今日は日曜ですけど、福岡で仕事。
出先でキムラ室長から「福岡アジア博
物館
」で、インド・サリー展をやってます
よ」との情報が。

サリーか、なつかしいなあ。昔、仕事で担当していたベン
ベルグ
織物の重要な製品だったんです。30デニール
いう細い糸で作ったジョーゼットをインドや中近東に輸出
していました。さっそく、帰りに行ってみることに。

会場を見てまわるうちに、今までサリーについて全く知ら
なかったことに驚きました。まずは大きさ。幅が1.2メート
ル、長さが5.4メートルもあるんですね。

この1枚の布を体にくるくると巻きつけて衣服にしてしまう
というわけ。それだけだと肩があらわになってしまうので
チョーリーというブラウスを下に着けるのですが。

色彩のほうも、これまで、白か、単色の無地染めと思い
込んでいたのが、豪華な刺しゅうが施されていたり、ジャ
カードで模様が織り込まれていたり、とても華やかです。

素材は一部に綿使いもありますが、ほとんどが絹ででき
ています。そうか、ベンベルグは絹の代わりだったんだ。
会場にはレーヨンポリエステル製が少しだけありました。

そんなわけで、エスニックな雰囲気にひたりつつ、懐かし
く昔を思い出した次第。生地や衣服に興味のある人にお
薦めしたいところだけど、会期は今日まででした。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/28

幕末の技術大国

佐賀北高校の優勝と、がばいばあちゃんで、全国に
名をはせた佐賀県ですが、幕末の頃に、東洋随一の
科学技術大国だったことはあまり知られていません。

その立役者となったのが佐賀の鍋島直正公。江戸時
代末期に西洋の科学技術の導入に努め、鉄砲、アー
ムストロング砲
、蒸気機関、蒸気船などを完成させた
名君です。

211最近、鍋島公に関する本を何冊か
読んだのでご紹介しましょう。
幕末佐賀藩 改革ことはじめ」は
地元新聞社の出版によるもの。
財政難だった「佐賀藩株式会社」
に鍋島社長が就任、大改革を行っ
て東洋一のハイテク企業に育てあ
げた過程がよくわかります。

319tp5p037l_aa115_1アームストロング砲」は司馬遼太
郎の著作、「幕末、佐賀ほどモダ
ンな藩はない」という書き出しで始
まります。同じ作者で「肥前の妖怪
(直正のこと)」の短編もあり、こち
らは「酔って候」に収録。

21w5bqxqxpl_aa115_1いちばん面白かったのが「火城(か
じょう)」で、日本赤十字社の創設
者・佐野常民が主人公。何としても
佐賀で蒸気船を作ろうと、久留米出
身の田中久重(からくり儀右衛門)
を必死の思いでスカウトします。
久重の技術者魂に火が点き、ついに蒸気船の開発
がスタートするのですが・・・。

こうした歴史の流れをビジュアルにつかむのには、
佐賀城本丸歴史館の展示を見るのがいちばん。
実はわたしも、8月に家族そろって見に行ったのが
直正公に興味を持ったきっかけでした。郷土の歴史
を学べるだけでなく、この地が誇らしくなってくること
請け合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

能楽師に誘われて

071015_185821_mここは博多駅の近く、住吉神社
中にある能楽殿。毎月1回、「
楽師と遊ぼう
」ということで公演が
行われています。入場料は100
0円と格安。

大学の後輩・Iさんは能楽師で、小鼓の演奏が専門。
チケットをいただいたので、お取引先の会合が終わっ
てから足を運んでみました。同じ高校出身の先輩Nさ
んご夫妻と一緒に、3人で鑑賞です。

能を見るのは今回が2回目。前の会社に能を習って
いた同僚がいたので、大勢で京都の能楽堂に行った
のが最初です。もう20年以上も前のことですけど。

前回は何がなんだか訳がわからず、途中で寝てしま
った記憶があるので、若干の下調べをしておきました。
・基本要素は、舞(まい)、謡(うたい)、囃子(はやし)
・歌舞伎と違い、すり足で静かな歩行(運び)が多い
・主役はシテといって、面(おもて)をつけている
・シテは亡霊や化身、ワキ(脇役)は人間を演じる
・この世とあの世との交流の背景に仏教信仰がある
などなど。

それでも、やっぱり理解できませんでしたね。箙(え
びら)、半蔀(はじとみ)、井筒、玉之段が演じられ、
それぞれに詳しい解説もあったのですが、ぜんぶ同
じに見えてしまいました。次回はもう少し勉強して、
再挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/22

スケジュール帳を3冊

うっかり見過ごしていました。当ブログの投稿数が、9月
15日付で300回を超えていたんです。

スタートしてから30ヶ月になるので、3日に1回のペース。
本当によく続いていますね。まさに暇人ならではの所業と
我ながら感心しています。

ところで、開設以来お世話になっているのが、このテンプ
レート
mizukaさんという女性イラストレーターの作品です。

070922_135005_mそのmizukaさんのスケジュール帳が
発売されたと聞いて、さっそく注文。
(発売元は、新宿のFEWMANY


表紙に趣向をこらした手帳の中で、かわいいイラストが
盛りだくさんの「mizukaワールド」が展開しています。

巻末には、東京と大阪近郊の鉄道路線図と主要都市の
地下鉄路線図がついているので、鉄ちゃんにもおすすめ。
スーツの内ポケットから、こんなかわいい手帳を出したら
ウケるかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/31

東京で腕試し

商品企画室のIさんが今日付で退職されることになり、
朝礼でみんなにあいさつ。Iさんは平成14年に入社し、
ベビー服のパタンナーとして活躍してくれました。

070830_163904_m_2その間、音楽活動にも力を入れ、
「ザ・ウィスパー」というアマチュア
バンドを結成していました。九州
各地で行ってきたライブツアーは
200回を超えるそうです。

今回、腕試しをしたいということで
拠点を東京に移すことになり、女性
ボーカルのIさんも引っ越すことに。

地方から東京に出るのは難しいけど、当社も長年の努
力の結果、東京の百貨店で商品を扱ってもらえるように
なったんです。大きな夢を描き、強い願いを持って、成
功するまで頑張り続ければ必ずうまくいくと思います。

わが街、久留米はタレントさんをたくさん輩出している
ことでもあるし、先輩たちに続き、ビッグになって故郷に
錦を飾るよう祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

リピーターを呼ぶお店

阿蘇の高森にある田楽料理店にようやくたどり着いたもの
の、小学生の長女がクルマに酔ってぐったり。広い駐車場
の隅で介抱していると、飼い犬がダッシュしてきて激しく
吠えたて、まさに泣き面に蜂の状況です。

そこへ、「こらっ!」。お店の若い男の人が駆けつけて犬を
追い払うと、冷たい水を持ってきて、上がって休むようすす
めてくれました。30分くらいたって、娘の体調もよくなった
ので、そのお店で食事をとることにしたのですが。

と、これは10年くらい前の話。あのときの親切が忘れ
られず、以来このお店に何度か足を運んでいます。

070814_121426_m_2今回、3年ぶりに行ってみると、お
店は大きく増築されて、たくさんの
お客さんでにぎわっていました。
(写真は、いろりで田楽と地どりを
焼いているところ)

あのお兄さんは少し歳をとったけど、相変わらず元気な
トークでお客さんを楽しませていましたね。今はお店の
若主人になっているのかな? お兄さんのもてなしの心
がお客さんの共感を呼び、多数のリピーターを生み出し
ているのかもしれません。

一人のお客さんの来店回数はわずかであっても、その
積み重ねによって事業の成功がもたらされていると
あらためて感じました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

追っかけ始めて10年

こちらも10年でしたか?

うちの嫁さんが、キンキキッズ・堂本光一の追っかけを
始めて早や10年。感謝状は来ませんでしたが、ファン
クラブ会員限定・10周年記念 オリジナルカードケース
が送られてきました。

Comingsoon_music_v45729626_aa90_1
画像をアップしようと思って探したの
ですが、見つからないんです。貯金
通帳といっしょに「お宝箱」のなかに
しまいこんだのでしょうか?


東京、名古屋、広島、福岡とコンサートを追っかけ、全
国を行脚してきた嫁さんですが、最近はややごぶさた。
でも、新番組「スシ王子」もスタートすることだし、また
「放浪」が始まりはしないかと心配な今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

仕事 | 心と体 | 文化・芸術 | 育児・子育て | 自己啓発 | 鉄道